手術で二重まぶたになることについて解説します。

手術で二重にするには埋没法という切らない施術と切開法という切る施術の二通りあります。埋没法はメスを使わずに二重専用の針と髪の毛よりも細い糸を使って行います。メスを使わないので短時間で施術が終わります。使用する糸は細くてしなやかなので切れる可能性は低いので安心して使用することができます。二重のラインとなる部分を瞼の裏側から糸で留めるだけなので傷も見えず、抜糸もしないで済みます。切開法はしっかりとした二重を半永久的に残すことができる方法です。一生濃いラインを残したい人にお勧めの方法です。切開法にも種類があり、部分切開というわずかな切開で二重にする方法や幅の広い二重や瞼が厚く腫れぼったい方向けの全切開法、離れている目を血被けたい方や切れ長の目にしたい方は目頭切開、外側の目を大きくして切れ長の目にしたい方は目じり切開、瞼が開きにくく、瞼の開きを大きくしたい方は眼瞼下垂という方法があります。自分の目の状態やどんな二重にしたいかで施術する方法も変わってきます。埋没法、切開法で二重にする場合は医師と相談して行うので自分の理想に合った二重にすることができます。

 

手術をしないで二重瞼になる方法