アイメイクアップ化粧品を使いましょう

 

ナイトアイボーテで寝ている間に二重瞼になったら、次はアイメイクで印象的な目元にしましょう。ひとことでアイメイクアップ商品といいますが、中身と形によってさまざまな種類の製品があります。このページではアイメイクアップ商品の概要を説明します。

 

アイメイクアップ化粧品の種類

 

つけまつげ

その名のとおり、人口のまつ毛をつける化粧品です。最近は大ヒットしていますよね。つけるだけで印象的な目元になれるのは大きいですよね!

 

マスカラ

英語でマスクというと覆うという意味だと思いますが、同じ語源から誕生しました。まつ毛に覆うようにつける化粧品でまつ毛を太く濃く見せたり、カールさせて見せることで印象的な目元にする化粧品です。

 

アイライナー

目元に線を引いてくっきりとした印象を与えるための化粧品です。一番目元に近い部分に塗る化粧品なので、安全基準が厳しいのが特徴です。

 

アイブロウ

アイライナーは目元にラインをつけるものですが、こちらは眉毛にラインを弾くための化粧品です。目の印象は眉毛の具合によっても変わります。

 

アイシャドウ

まぶたに塗る化粧品です。黒やブルーなどの寒色系を塗るとクールで涼しげな目元を演出できます。逆にオレンジやピンク等の暖色系のアイシャドウは女性らしく可愛らしい目元を演出してくれます。

 

アイメイクの安全性対策

 

微生物対策

すべての化粧品において安全性は重要なことですが、特にヘアメイクは目に入ってしまうことがあるために厳しく規制されています。アイメイク製品は眼に入ることを前提に設計されています。微生物による汚染対策を十分に注意する必要があり、特に水系のアイライナーやマスカラには注意が必要です。使用した筆やブラシを容器にいれるタイプのものは菌が増殖しやすいものが多いので、十分に注意する必要があります。原料や製造工程、容器などに滅菌処理を施したり二次汚染防止のために化粧品の成分に防腐剤の処理をしています。

 

配合できる顔料

アイメイクアップ用顔料としては主に黒色、赤色、黄色などの酸化鉄、群青やカーボンブラックなどの無機顔料やタルク、カオリンのような体質顔料、チタン・マイカ系のパール顔料など無機質系のものを使用しています。有機顔料でも安全性の高い天然色素や厚生労働省が化粧品用として認可した有機顔料は使用可能です。海外向け製品はその国や地域の規制を受けます。

 

アイメイクを使ってもっとキレイになっちゃいましょう!