印象的なアイメークの秘訣を紹介

眼差しにはその人の意志や知性の片鱗が現れます。ところでただ目を大きくみせようとするだけで、意志が強いとか知性的だとかの印象が伝わるかというと答えはノーです。意志のある眼差しをつくるには目というパーツの陰影や立体感を生かすメイクのポイントがあるからです。目を大きく見せたいというのは女性にとって永遠の願望だと思います。

 

ではなぜ目を大きく見せたいのでしょうか?

その答えが目というパーツが持つ意味にあります。瞳は顔の中で唯一、メイクができないところです。直背的に手を加えて飾ることができず、手を宇和得られないからこそ、瞳には本当の気持ちが表れると考えられているのです。つまり、瞳の印象は、そのままその人の気持ちのあわわれとなり、見る人に伝わっていこのです。瞳に求心力があれば、相手の印象に自分を強く刻みつけれれます。そんな威力をもつ瞳こそ、目力の正体だったのです。瞳は眼球の中にあります。目元はこの眼球を囲むようにつくられていますので、構造を上手に生かせば自然にhと身を強調できるのです。そのためには目のオウトツを知るところからはじめましょう

 

 

タレ目、ツリ目が気になる

こんな顔になりたいと憧れる顔は誰にでもあるものです。中でも変身願望欲の高いのが目す。実際にプロのメイクでは細かいテクニックを重ねて印象をかえてゆきますが、シンプルなことでもパッと見のタレ目っぽさ、つりを緩和できるのです。

 

ツリ目を優しく

目尻のラインを下向きにしてツリ目を柔らかく、下まぶたの目尻から3分の1程度に細チップの幅で影色をのせて奥行きを出します。目尻ほど太くいれるのがコツです。

 

印象的なアイメークの秘訣

 

タレ目を涼しげに

目尻下に光を忍ばせる。下まぶたの目尻から3分の1に肌馴染みの良い繊細なパールベージュを指します。この部分が光を受けた時に盛り上がってみえることで目尻がキュッとリフトアップされます。

 

印象的なアイメークの秘訣

 

 

目元をもっと立体的に見せたい

横グラデという方法で立体感がアップします。人さし指、中指、薬指の3本の指先を軽くまぶたに押し当ててください。まぶたが眼球の形にあわせて、丸く立体的にラウンドしているのがお分かりいただけると思います。例えばこの眼球の盛り上がりを山とした場合、下の写真の光の部分は山頂にあたります。影の部分は傾斜にあたります。立体感を出すにはこ、この山頂部分に光を強く当てて傾斜の部分の影をより濃くする横のグラデーションが効果的です。上からしたに向かって色がこうなる縦のグラデーションにこれを加えれば最強です。

 

印象的なアイメークの秘訣

 

瞳をより印象づけるための情報をこちらでご紹介しています。