眉毛のタイプとメイク時のポイントを解説します

眉は顔のイメージを左右するほど影響力のある部位です。ほんの少し位置を変えるだけで顔の印象はグンと変わります。それだけに上手に描くことはメイク上手への近道です。ここでは4つの基本を覚えましょう。

 

  1. 無駄な毛を取り除きましょう。これだけでもスッキリします。
  2. なりたい眉の形を先に、濃淡がつけやすいアイブロウパウダーで薄く描きます。これをガイドにペンシルやパウダーで毛を描き足してゆきます。
  3. 眉頭より5mmくらい眉山よりから描き始めて、その部分を濃く描くことです。
  4. 色を髪の毛の色に合わせることです。

 

これら4つの基本をまもりながら描けば、どんな眉を描く時でもナチュラルで美しく仕上げることができます。

 

眉の整え方

キレイに描き足しても素の形が整っていないとキレイに仕上げることはできません。そこで事前に整える必要があります。まず、無駄毛を抜いて長すぎる毛をカットすることが大切です。これだけでもあか抜けた印象になります。なお、もともと濃い人は整えた後はマスカラでとかすだけで仕上げても問題ありません。そっちの方がキレイです。

 

眉の描き方

用意するのはアイブロウパウダーとアイブローペンシルです。パウダーは濃淡がつけやすいので産毛のような柔らかさを表現できます。アウトラインを描く時に便利です。ペンシルは1本1本描くことでシャープなラインを演出できます。これらの特徴を上手に利用してナチュラルに描いてゆきます。色は髪の毛の色と合わせるのがコツです。まお、描き始めるのは左右うち比較的形が悪い方からにします。形が良い方をお手本にすることで左右がバランス良く仕上がるのです。中にはどっちが形が良いのかわからないという人がいますが、左右を一緒にみると比べにくいので片方を隠して一方だけ鏡でみると判別しやすくなります。

 

タイプ別の与える印象

シーンやファッションに合わせて形を変えるだけで印象は大きく変わります。基本が描けるようになったら、なりたい印象に合わせていろんなタイプに挑戦してみましょう。代表的なものを紹介します。

 

ふんわり太め

なだらかなカーブになるように全体を描きたします。太さを出す場合は眉の下を描き足します。さらに眉頭の位置を少し内側にします。最近の深田恭子さんはこれを採用していると思います。

 

  • 顔の輪郭が締まって見えます。
  • 若々しく見えます。

 

眉毛のタイプとメイク時のポイント

 

なだらかアーチ眉

角ばらないようになだらかなカーブをつけます。シチュエーションによりますが、女優の北川景子さんも時々、やっています。

  • やさしくてエレガンになります。
  • 大人っぽくなります。

 

眉毛のタイプとメイク時のポイント

 

太めストレート

カーブをつけずストレートに描きます。元の太さに少しだけ付け足す程度にして全体的に短くします。芸能人でいうと、吹石一恵さんのようなイメージです。

  • 意思や責任感の強さを与えます。
  • 若いイメージです。

 

眉毛のタイプとメイク時のポイント

 

下がり目

眉頭の部分を太くして、その太さのまま、真っ直ぐに描いていきます。元AKBの大島優子さんなんかが参考になると思います。

  • はかなげな印象を与えます。
  • 愛らしく小悪魔っぽい色気を出します。

 

眉毛のタイプとメイク時のポイント

 

目の印象を劇的に変える、寝ている間に二重になれるナイトアイボーテはこちらをご覧ください。