眼の美容整形手術について

こちらでは二重瞼にするための手術方法を紹介しましたが、眼の美容整形手術はこれだけではありません。世の中には様々な悩みがあります。いくつかの症状と施術方法を解説します。

 

目頭の皮膚のかさぶた(もうこひだ)

左右の目が離れて見えて、なんとなく寂しげな印象になりがちです。このような場合には目頭形成の手術が効果的です。左右の目頭をほんの少しカットして形を整える手術です。左右の目が近づき、スッキリした印象になるだけでなく目を大きく見せることも出来て華やいだ雰囲気になります。

 

腫れぼったい目には

上まぶたに脂肪がついていると、重苦しい印象を与えます。こうしたときにはマイクロスリット法という術法が効果的です。麻酔の後、上まぶたにごく小さな切れ目を入れます。そして、ここから極細の特殊な器具を差し込み上まぶたの内側の脂肪をつまみとるように丹念に除去していきます。これで上まぶたの重々しさを解消できるのです。

 

上まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂

眼の周辺には目を開けるための上眼瞼と目を閉じるための眼輪筋という2つの筋肉があります。ところが、前者の上眼瞼挙筋の動きが何らかの原因によって弱くなると瞼を持ち上げることが上手くできなくなります。その結果、上まぶたが垂れ下がり目の開きが悪くなり眠たそうな眼になります。この状態をいいます。様々な弊害を引き起こすのです。

 

  • 眼の開きが悪いため目つきが悪く見える
  • 上まぶたがくぼみ、疲れて老けて見える
  • 額にシワができる
  • 眉を上げなくては目が開かない
  • 肩こり、偏頭痛、目の奥の重みがある。

 

見た目の印象もさることながら、目の疲れによる肩こりや頭痛は本当につらいものです。それだけに早期に正しい治療を受けてきちんと治してしまうことが肝心でしょう。

 

治療法

クリニックによってまちまちです。どの方法で治療するかは病院によって大きく異なります。ここで大きく誤解している人がいます。まぶたを引き上げれば良いのだから二重まぶたの切開法で手術すればよいのではと考えることです。残念ながらこれでは治すことはできません。二重にすることと眼瞼下垂を解消することとは全くの別物です。現在、一般的に知られている方法は挙筋腱膜を一度きり離して筋肉を切除して長さを調節してあらためて瞼板に固定する方法です。こうすれば筋力が効率的に働き眼もきちんと開くようになります。

 

眼に関する女性の美の悩みは絶えませんね。手術して健康と美を手に入れることができるなら絶対にそっちの方が良いと思います。