目の下のクマには3種類あります

女性が目元で気になることといえば、まぶたに加えて、目の下のくまがあると思います。これら原因によって3種類に分けられて、それぞれ対策も異なります。クマのケアというとホットタオルで暖めたり、目元をマッサージしたりが良く知られていますが、種類によってケア方法も違ってきます。大まかにいうと以下のとおりです。

 

青ぐま

寝不足や冷えなどで血流が滞ってできるクマです。指で皮膚を引っ張ると薄くなりますが完全には消えません。メイクで隠れます。運動やツボ押しマッサージで血行を良くしたり、一時的にはホットタオルも効果があります。

 

黒ぐま

下まぶたの静脈が青黒く透けて見えるためにできるものです。下まぶたの皮膚が老化によってたるみ、影をつくってしまいます。上を向いたりすると薄くなりますが化粧では隠れません。肌のコラーゲンを増やしタルミを防ぐケアが有効です。

 

茶ぐま

目を擦る等の刺激で色素沈着をお越し、さらに角質肥厚を起こして茶色っぽく見えるものです。指で皮膚を引っ張っても薄くはなりません。美白ケアでメラニンを減らし、ピーリングで肌の代謝を上げるのも効果的です。

 

このように、タイプ別のケアが必要になります。