目を大きくするアイラインメイクのコツはこちら

目をはっきりと印象づけるのに欠かせないのがアイラインです。

アイラインを効果的に見せるためにもっとも重要なのがまつ毛の生え際に描くことです。目を開けた時にまつげの生え際とアイラインの間に肌の色が見えてしまうと目を大きく見せることはできません。まつ毛とまつ毛の間を埋めるように引くと上手く行きます。アイラインが苦手な人はまぶたを指で持上げてまつ毛の生え際をしっかり引き出してから描くと狙ったところに描くことができます。また、せっかく描いたアイライナーも目のカタチによってはまぶたで隠れてしまい、効果を発揮できないこともあります。以下を参考にしてください。

 

 

目のカタチと効果的なアイラインの引き方

 

二重の場合

すっきりとしたやや太めのラインを描いたアイラインが眼を開けた時に、そのままの太さとインパクトで見えてくるのでアイラインの効果が出やすいのが二重の目です。そのため標準的な太さ(約1mm)のラインを描くだけできちんと目が締まり、はっきりとした印象を与えることができます。二重幅が広い人は二重幅の半分くらいの太さが自然です。

 

一重の場合

まつ毛の生え際がまぶたで隠れてしまいそうになりますのでくっきりとした太めのラインを引きます。なので、目を開けた時にアイラインがみえるように、くっきりと標準より太めに描きましょう。描き方はまつ毛の生え際に一度アイラインを引いた後少しずつ描き足してゆく感じです。時々目をあけてラインの見え方を確認して目のフレームがハッキリするまで太く描きます。

 

奥二重の場合

まぶたの生え際の一部がまぶたで隠れてしまいそうになるので、まつ毛の生え際を引き出してそこを埋めるように描き、目尻から真横に3mmほどのばして描きます。さらに、さらにまつ毛の生え際よりも内側にある粘膜(白い部分)にもアイライン描きます。デリケート部分なので、力を入れずにペンで描く要領で書きましょう。これにより目が大きく見えます。

 

 

アイライナーの種類と特徴

 

ペンシルタイプのアイライナー

ナチュラルでインパクトのある目元になりたい時はペンシルタイプです!初心者にもお勧めです。

 

リキッドタイプのアイライナー

目元をしっかりと締めて強いインパクトのある大きな目元にしたい場合はこれがお勧めです。やや上級者向けです。

 

ジェルタイプのアイライナー

リキッドタイプと同様、インパクトのある目元にしたいけど、描くテクニックに自信が無い人におススメです。ペンシルタイプと似たようなタッチで描けます。