アイブロウの選び方を解説します。

眉メイクのアイテムにはパウダー、ペンシル、リキッド、マスカラがあります。最近はジェルタイプも見かけますが、主な種類はこれら4つです。何を使うかは眉毛の量、仕上がりの好みによります。更に眉メイクの完成度を上げたいのであれば複数のアイテムの併用がお勧めです。形をつくるにはペンシル、ボリュームを出すのはパウダー等、それぞれの得意技を活かして使用すると、よろい簡単にキレイに仕上がります。

 

アイブロウを選ぶポイント

以下のことを念頭に置いて選択してください。

  • 肌にソフトで均一につくこと
  • 鮮明な細い線が描けること
  • 持続性が高く、化粧崩れしにくいこと
  • 安定性が高く、発汗、発粉なく、折れや崩れもないこと
  • 安全性が高いこと

 

ボリュームを出すならパウダーがお勧めです。

グラデーションがつくりやすく、ボリュームも簡単に出せます。色をミックスして濃淡を自由に調整できる多色セットがおすすめです。

 

フォルムを描くならペンシルタイプがお勧めです。

繊細なラインを描きやすく、眉のフォルムをつくるのに欠かせないアイテムです。部分的な毛の隙間を埋めるにも便利です。真の硬さや形など、バリエーションも豊富です。アイライナー同様、えんぴつ、カートリッジ等のタイプもあります。

 

色の調整にはマスカラがお勧めです。

眉色を明るくチェンジさせる即席のカラーリングアイテムです。毛がしっかりと生えている人向きで、駅が手に絡んで濃い眉毛をナチュラルに魅せるには地肌に付けないように一度ティッシュで服などがポイントです。

 

眉尻を描くにはリキッドがお勧めです。

筆ペンタイプが多く、細やかな部分を描き足すのに便利な機能です。ペンシルよりも色に透明感があり、穏やかです。色もちもよく、時間と共に落ちやすい眉尻を描くのにも向いています。ちなみに、落ちにくいアイブロウを目指すのであれば色の成分である顔料、染料の特徴により色持ちに差がでてきます。顔料は粒子が大きく皮膚の表面に付着します。染料は粒子をもたない物質で、液体全体に色がついているので皮膚の角質まで色づかせることができるので、染料配合のアイブロウだと眉のラインが落ちにくくなります。

 

 

いかがでしたか?目力には眉毛のメイクも欠かせないですよね!

 

目力を高める二重まぶたになる方法はこちらで紹介しています。

 

是非読んでくださいね!